Dec 22, 2021 10:09:07 AM | 4 Min Read

【セミナレポート】自社主導で「透明性」のある広告運用できていますか?(2021/4/14)

Posted By
DDIR編集部
Share
【セミナレポート】自社主導で「透明性」のある広告運用できていますか?(2021/4/14)

2021年4月14日(水)にDASL × Shirofune 共催・広告主向けインハウス支援セミナーを開催しました。

画像1

今回は、【自社主導で「透明性」のある広告運用できていますか?】をテーマに、株式会社Shirofune 取締役  竹下 智視氏、株式会社DAサーチ&リンクカスタマーサクセス グループマネージャー 宮本 祐子が登壇しました。

画像2

画像3

1.会社概要

 

株式会社Shirofune
株式会社Shirofuneは広告運用のエキスパートが直接設計・開発することで「熟練の職人の技を再現する」をコンセプトにアルゴリズムを開発。10時間かかる改善を1000回以上、計10000時間以上をかけてアルゴリズムを開発し、プロの広告運用を実現しています。データ量に依存した統計データだけによる機械的アプローチとは一線を画した、Shirofune独自のアルゴリズムで、徹底して品質を高めたサービスをご提供します。

画像5

2.広告主様が抱える広告運用の悩みとは?

広告を内製化(インハウス)を検討するうえで期待することの第一位は「透明性の向上」です。

メディアエージェンシーの透明性に懸念を感じていますか?、という質問には半分以上の方が大きな懸念を抱いており、インハウス化する最大の目的である「意思決定のスピードを上げる」ための大きな要因であることは間違いありません。

数年前までの代理店にいただく相談で多かったのは、「目標を効率的に達成できるか」「コストを削減できるか」「少額で広告を運用できるか」などでした。

しかし、最近の相談では代理店にDX促進やデータ活用、社内連携などの「メディアの”全体の戦略”について話せるパートナー」「中長期にデジタルマーケティングで強みを作るための手段・パートナー」を必要としています。

コロナ禍では体面を避ける営業活動を避けるため、事業活動とリンクした広告展開・運用の実現を考える必要性があります。しかし、広告展開・運用を内製化するにも支援パートナーを探すにしろ、「自社で主導権を持ち、意思決定のスピードを上げていく」ことが求められている以上、パートナーとして選ばれるには「透明性の向上」を目指していかないといけません。

3.内製化の成功・失敗事例

成功事例
株式会社BEAD様ではタイヤ購入+交換予約がセットでできる「TIREHOOD」を運営していました。以前はほとんど代理店任せで、最終的な結果しか見ていませんでした。具体的な施策内容は代理店任せで、商材理解の差や施策の精度スピードに問題を感じていました。

画像6

問題を解決するために商材理解が一番深い「自分たち」で広告を内製化しました。結果、獲得が130%UP、獲得効率が30%削減を達成し、担当者が変更後も内製化を継続することができました。

失敗事例
XX社では、大手BtoBサービスを展開していました。以前はほとんど代理店任せで、最終的な結果しか見ていませんでしたが、広告代理店の担当者が変わるごとに成果が上下してしまうので内製化に踏み切りました。

画像7

はじめは商材理解が一番ある「自分達」で広告運用し、ツール+サポートで内製化を実現しました。しかし、ツールの自動化に「任せっきり」になってしまい、ノウハウが蓄積されず社内の体制変更で再び代理店に運用を任せました。

まとめ
両社とも代理店に任せっきりになっていた広告運用の内製化に踏み切りましたが、ノウハウがなかったために外部パートナーを採用しました。

しかしチーム全員で数字を把握し、実行し続ける体制を作ったBEAD様は体制・運用を維持できますが、ツールの自動化に「任せっきり」になってしまうと維持できなくなってしまいます。

4.自主主導マーケティングの提案

インハウス化する最大の目的である「意思決定のスピードを上げる」ためには、広告主様が主体性を持ち、自走していかなければなりません。

画像8

ノウハウや体制が充実していない初期段階では、広告代理店や各種自動化機能・ツールを活用して蓄積していかなければいけません。しかしながら「運用代行」と「ノウハウ蓄積」を切り分け、チーム全員で数字を把握し、実行し続ける体制を作っていくことが内製化を成功させる重要なポイントになります。

5.サービス/セミナー紹介

弊社で提供している支援プログラム概要「デジタルマーケティングの基盤づくり」では、初動3か月のコンサルティングで広告運用のための基盤構築&テストマーケティングを実施し、4か月以降の運用方針はご意向に応じて選択いただけます。

画像9

Shirohune様では広告運用ツールを提供しており、導入を検討している方には個別相談会や2か月の無料トライアルを提供しています。

画像10

自社運用型広告のインハウスについてお困りのことがあれば、DDIRにご相談ください!

                                                                                                        お問い合わせはこちら  

Topics: セミナーレポート, アクセス解析, facebook広告, 情報セキュリティ, データサイエンス, google広告, Mediaplan, Seminar

Related Posts

ManoByte

クリエーティブのデータ運用「C-MAKER」のご紹介

デジタルマーケティングの重要度は年々上がっていき、今や企業にとって欠かせない存在です。

Read More
ManoByte

事業パフォーマンスを一元管理「Tapclicks」の紹介

従来のレポーティングシステムやデータ管理システムでは、広告の効果は管理できても、その他の購買データなどと紐づかれていないので事業のパフォーマンスを評価できないと思ったことはありませんか?

Read More
ManoByte

【リリース】株式会社Shirofuneと共同開発した広告運用自動化ツール『Shirofune』インハウス支援プログラムの提供開始

こんにちは、マーケティンググループの吉田です。3月30日に広告運用自動化ツール『Shirofune』インハウス支援プログラムの提供を開始しました。

Read More