Dec 22, 2021 10:43:49 AM | 2 Min Read

LINEを使ったマーケティング戦略とは?

Posted By
DDIR編集部
Share
LINEを使ったマーケティング戦略とは?

LINE広告は、国内最大数のユーザ数を誇るメッセンジャーツールであるLINEに広告を配信することができます。

しかしLINEを利用したマーケティングのうち、LINE広告はほんの一部にすぎません。広告だけでなく、LINEを上手に利用してマーケティングの効果を最大限に発揮しましょう。

この記事では、LINEを使ったマーケティングにはどのような種類があるのか、そしてLINEを利用したマーケティング戦略について紹介していこうと思います。

【目次】
LINEとは
LINEを使ったマーケティング
LINEを利用したマーケティング戦略

 

LINEとは

LINEとは、LINE株式会社が提供するメッセンジャーアプリです。

LINEは友達追加されたユーザー同士で無料でメッセージのやり取りや通話などを無料で利用することできます。電話とは違い、インターネットにつながってさえいれば、海外などを問わずに追加料金なしで利用できます。

スマホに登録された電話番号から自動に友達追加される機能もあり、使い始めの方でも知り合いに連絡を取ることできます。

LINE広告では、LINE上に広告を出稿することができます。LINEを利用したマーケティングは他にも公式アカウントやスタンプなど様々な種類があるので、上手く活用しましょう。

LINEを使ったマーケティング

ここではLINEをつかったマーケティングについて紹介していきます。

LINEで広告を出そうと思っていた方も、もしかしたら広告よりも目的に合った方法があるかもしれないので、ご覧ください。

公式アカウント
公式アカウントは、LINEを利用しているユーザーに友達追加をしてもらうことで、トークなどを通じて日常に溶け込みながらユーザーと企業・店舗との接点を創出するサービスです。

公式アカウントを友達追加したユーザーと、トークなどを使ってコミュニケーションを取ることで、中長期の関係構築に役立ちます。その場でのCV目的というよりも、関係性構築に重点を置いたマーケティングに適しています。

LINEプロモーションスタンプ
LINEで使用することのできる、企業やブランド独自のスタンプを配信することができます。スタンプをキャラクターやブランドの世界観を友だちや家族との会話の中で広めることができ、スタンプのクオリティが高ければバイラル的な効果も期待できます。

また、スタンプを配信するだけでなく、スタンプをDLするには友達追加するなどの条件を追加すれば、スタンプ目当ての方を友達追加することができるので、そこから関係性構築をすることが可能になります。

スタンプだけでマーケティングを終わらせるのではなく、あくまでスタンプは接点として関係性の構築をするのをおすすめします。

LINE広告
LINE広告とは、LINE社が提供するLINEおよびその周辺サービスに広告を出稿するためのサービスです。

LINE広告は、広告配信面(媒体)・クリエイティブ・広告配信機能の3つから構成されており、それぞれを掛け合わせて広告を配信します。国内で8,800万人が利用するLINEや各種ファミリーサービス、「LINE広告ネットワーク」を通じて外部アプリに広告を配信することも可能です。

LINE広告は国内最大数という圧倒的なユーザー数を誇り、幅広いユーザー層のおかげもあってか、LINE広告でしかリーチできないユーザーも多く存在します。そのため、LINE広告は低価格で始められることもあり、広告を始めてみようという方にも非常におススメです。

LINEで応募
LINEで応募を利用することにより、店頭オペレーションの軽減やキャンペーンへの参加促進など、店頭販促におけるさまざまな課題を解決することができます。

LINEのデジタル販促に特化した外部パートナー企業によるキャンペーンパッケージで、LINEで応募の機能を応用したさまざまなキャンペーンを実施可能です。LINE上でアンケートに答えると簡単にキャンペーン応募ができ、応募者全員にLINEポイントが進呈されるキャンペーンプラットフォームが利用可能で、手間をかけることなくキャンペーンが実施可能です。

Talk Head View
Talk Head Viewは、LINEトークリスト最上部に動画広告で1日1社限定で広告配信がすることが可能なサービスです。

多くのユーザーが目にするトーク一覧の最上部にある「トークリスト」に、1日1社限定で広告を掲載します。 1日で5,500万UU以上 のリーチが見込め、商品認知やブランドリフトに大きく効果を発揮します。

LINEを利用したマーケティング戦略

LINEを利用したマーケティング戦略で重要となるのは、公式アカウントの友達追加です。

LINE広告では、LINE上に広告を配信することができますが広告を配信するだけでは他のプラットフォームとの差異を見出せません。LINEは公式アカウントを使ったマーケティング手段が豊富で、先に紹介したLINEで応募などはLINE上で一貫してマーケティングを行うことができます。

友達追加したユーザーにはトークを通じて、ブランドの世界観などを伝えることができるのでファン化させる施策を行うこともできます。一度友達追加されたユーザーはその後はコストをかけることなく訴求できるので、コストの面でもお得です。

LINEはリーチできるユーザー数が多く、注目もされやすいですが、LINEはメッセンジャーアプリという特性上、とてもユーザーとの距離が近いプラットフォームですので公式アカウントを活用してファンと密にコミュニケーションをとってみましょう。

Topics: マーケティング, デジタルマーケティング, line広告, 運用型広告, sns広告, Mediaplan

Related Posts

ManoByte

LTVを向上させるのに効果的なファンマーケティングとは

近年ではSNSの発達やECサイトの興隆により、ユーザーとの接点を増やし、ユーザーとのコミュニケーションを重視する企業が増えてきています。

Read More
ManoByte

実務で使われるマーケティングフレームワーク5選

マーケティングを行うときにフレームワークを活用すると、施策がスムーズに行えるだけでなく、効果的にマーケティングの成果を出すことができます。

Read More
ManoByte

LINEとは?国内最大のユーザー数を誇るメッセンジャーアプリ

国内最大のユーザー数を誇るLINEは、今や利用していない人のほうが珍しいほど普及しています。

Read More