Dec 22, 2021 10:20:27 AM | 4 Min Read

Google広告とYahoo!広告の違いとは?

Posted By
DDIR編集部
Share
Google広告とYahoo!広告の違いとは?

みなさんは何かを知りたい時どうしますか?
おそらく片手に持っているスマホでGoogleかYahoo!で検索する人が多いと思います。どちらにもリスティング広告やバナー広告が出ますが、それぞれの違いはなんでしょうか。

今回は、日本の2大検索サービスである、GoogleとYahoo!の違いについて解説します。

【目次】
①Google広告とは
②Yahoo!広告とは
③Google広告とYahoo!広告の違い
④使い分けるポイント
⑤まとめ

 

①Google広告とは

画像1

Google広告とは、検索キーワードに合わせて、検索結果画面に広告を表示する「リスティング広告」、提携サイト(個人サイト含む)で興味関心に合わせてバナーを表示する「ディスプレイ広告」、Youtubeコンテンツの始めや途中で表示する「動画広告」があります。
動画サイトとして最大級のYoutubeにも広告を出せるのは大きな強みでしょう。


②Yahoo!広告とは

画像8

Yahoo!広告は、日本一のポータルサイトであるYahoo!JAPANに掲載することができます。Google広告と同じようなメニューが揃っており、検索結果画面に表示する「リスティング広告」とパートナーサイト(企業サイトのみ)にバナーや動画で表示される「ディスプレイ広告」の2種類があります。


③Google広告とYahoo!広告の違い

GoogleとYahoo!広告の違いは下記5点です。
1.ユーザー層
2.入稿規定
3.広告表示オプション
4.ターゲティング
5.掲載先

1.ユーザー層

画像2

引用元:statcounter

ウェブ上の統計を行うstatcounterによると、2020年4月~2021年3月にかけて、日本の検索エンジンのシェアはGoogleが約75%、Yahoo!が約20%で、2つ合わせると約95%とほとんどのシェアを占めています。
また、ユーザー層が下記の通り少し違います。

■Google広告
・スマホユーザーが多い
・Yahoo!と比べて、若年層の利用率が高い

■Yahoo!広告
・男女ともに40代~60代が多い
・PCユーザーが多い

このような違いがあるため、自社のターゲットに合わせて使い分けると良いでしょう。


2.入稿規定

■リスティング広告の最大文字数

画像3

2020年8月よりYahoo!広告で「タイトル3」と「説明文2」を入稿できるようになり、説明文の文字数も80文字→90文字に変更されました。これにより、GoogleとYahoo!の文字数の違いは無くなりました。

■バナーサイズの違い
バナーサイズはGoogle広告とYahoo!広告で共通のサイズがありますが、それぞれにしかないサイズもあります。

共通サイズ
300×250、728×90、160×600、468×60、320×50、320×100

Google広告のみ
336×280

Yahoo!広告のみ
600×500、640×100、640×200


3.広告表示オプション

画像4

リスティング広告に追加できるオプションの種類はGoogleのほうが充実しています。広告表示オプションの有無でパフォーマンスが変わる場合も多いため、種類が多いのは嬉しいポイントですね。


4.ターゲティング

ディスプレイ広告で利用できるターゲティングにも違いがあります。
主な違いとして、Google広告では子供の有無が選択できたり、配信地域の半径を指定できます。Yahoo!広告のサーチターゲティングは検索キーワードに合わせてバナーが表示されるターゲティングで、Yahoo!独自の機能となっています。

画像5

5.掲載先
Google広告とYahoo!広告の掲載先はそれぞれ違います。

画像6

Google広告はGoogleサービスの他に、BIGLOBE、livedoor、gooといったパートナーサイトや無数にある個人サイトも広告の掲載先となります。
Yahoo!広告もYahoo!サービスの他にパートナーサイトが広告掲載先になりますが、個人サイトには配信されず、大手新聞社やニュースサイトなどの公式サイトのみに表示されるため、広告配信先の信頼性が高い特徴があります。


④使い分けるポイント

ここまで違いを見てきましたが、結局どちらがいいのでしょうか。結論から言うと、月額予算が数万円~数十万円単位の少額であれば、Google広告に注力するほうが効果的です。日本でのシェアが圧倒的で、ユーザーの網羅性も高いためです。

あくまでイメージですが、下記のように配分すると良いと思います。
広告予算20万円 ⇒ Google広告 20万円
広告予算100万円 ⇒ Google広告 80万円+Yahoo!広告 20万円

商品によってGoogleとYahoo!で広告効果が異なる場合があるため、配信しながら予算配分をチューニングしていくといいでしょう。

また、下記の場合はYahoo!を検討するべきでしょう。
・ターゲットの年齢層が高め
・ターゲットにPCユーザーが多い
・Google広告の施策をやり切ってしまった


⑤まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はGoogle広告とYahoo!広告の違いを見てきました。同じようなメニューも多くありますが、細かい点で違いがありました。基本的にはGoogle広告を実施するのが良いですが、ターゲットによって予算配分を変えるのが良さそうです。今回の内容がみなさんの参考になれば幸いです。

Topics: デジタルマーケティング, yahoo!広告, google広告, リスティング広告, ディスプレイ広告, Mediaplan

Related Posts

ManoByte

ディスプレイ広告とリスティング広告の違い、それぞれのメリット・デメリット

GoogleやYahooに広告を出稿する時に迷うのが、広告の種類です。特にディスプレイ広告とリスティング広告はメジャーですが、「何が違うの?」と聞かれて、答えられない方も多いのではないでしょうか?

Read More
ManoByte

【初心者向け】運用型広告とは? 他の広告との違いとメリット・デメリットを紹介

2019年にはインターネット広告がテレビ広告の市場規模を上回り、年々インターネット広告の存在感が増しています。

Read More
ManoByte

【基礎編】ディスプレイ広告とは?  リスティング広告の違いを解説

今回はデジタルマーケティングをやる方には必須のディスプレイ広告について紹介します。ディスプレイ広告はリスティング広告と混同されることが多いですが、広告のターゲットも効果も大きく異なります。

Read More