Dec 22, 2021 10:55:03 AM | 2 Min Read

【最新ニュース】Googleのパフォーマンスマックスキャンペーンとは?

Posted By
DDIR編集部
Share
【最新ニュース】Googleのパフォーマンスマックスキャンペーンとは?

Google は2021年11月3日にパフォーマンスマックスキャンペーンを世界中の全ての広告主が利用できるように提供を開始するとアナウンスをしました。

P-MAX キャンペーン は、Google の多彩なチャネル(YouTube、ディスプレイ、検索、Discover、Gmail、Google マップ)を横断して広告の購入と最適化ができる、新しいキャンペーン タイプです。通常のキーワード ベースの検索キャンペーンとの併用に最適で、1 つのキャンペーンで Google が持つ広告チャネルと広告枠をすべて活用し、自動化によりコンバージョン数と獲得価値を高めることができます。
「Google のさまざまな広告チャネルをフル活用してコンバージョンを促進できる P-MAX キャンペーン」より

しかし、Googleが発表したパフォーマンスマックスキャンペーンのことを知らない方も多いでしょう。この記事では、パフォーマンスマックスキャンペーンとはどのようなものなのか、利用するにはどうしたらいいのかを紹介していきたいと思います。

 【目次】
    パフォーマンスマックスキャンペーンとは?
    パフォーマンスマックスキャンペーンの特徴
    キャンペーン設定方法
    最後に

パフォーマンスマックスキャンペーンとは?

パフォーマンスマックスキャンペーンとは、Google が2021年5月に行った「Google Marketing Livestream 2021」にて発表された、自動化によるコンバージョン数と獲得価値の向上を目的としたキャンペーンのことです。

キャンペーンはその後テスト的にベータ版の配信などを行い、2021年11月3日には「パフォーマンスマックスキャンペーンを世界中の全ての広告主が利用できるように提供を開始する」と発表されました。

11月現在では、全てのアカウントで利用出来るわけではなく、限られたユーザーのみが利用できる機能となっています。しかし、全てのアカウントで利用開始できるようにすると発表されているので、将来的には全てのアカウントで利用できるようになると予想できます。

パフォーマンスマックスキャンペーンの特徴

それではパフォーマンスマックスキャンペーンでは、どのようなことができるのでしょうか。ここでは、キャンペーンの特徴について紹介します

フォーカスしたキャンペーン
パフォーマンスマックスでは、キャンペーンのパフォーマンスを最大化するための主要なターゲットとして、ユーザーが設定したマーケティング目標に最適化されます。

設定した目標に基づいて、Googleの機械学習が広告効果の高いユーザーを見つけ出し、そのユーザーに広告を表示します。

パフォーマンスの向上
パフォーマンスマックスキャンペーンでは、機械学習とアトリビューション技術を用いて、適切なユーザーに適切な広告を表示することによって、パフォーマンスの向上を達成します。

保険会社であるAllianzは、代理店のJellyfishと提携してパフォーマンスマックスキャンペーンを実施した結果、自動車保険のリードを15%増加させました。
https://blog.google/products/ads-commerce/performance-max/ より

自動化の促進
パフォーマンスマックスキャンペーンにより、キャンペーンの立ち上げ期間を短縮し、より良い結果をより早く獲得することができます。

オーディエンスシグナルを活用することにより、自動化が促進され、迅速なキャンペーンの立ち上げに役に立つだけでなく、コンバージョンの向上も見込めます。

キャンペーン設定方法

ここではキャンペーン設定について紹介します。

現在パフォーマンスマックスキャンペーンは全てのアカウントで使用できるわけではありません。Googleの担当者、または以下のフォームで申し込みする必要があります。

(現在受付停止中)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfbVBdafHETNdthecbM5KMuejzPA_WerpVPqxrQXChxNaJIqw/closedform

1.キャンペーンの作成
パフォーマンスマックスキャンペーンを利用するキャンペーンを作成します。

パフォーマンスマックスキャンペーンは、マーケティング目標が「販売促進」「見込み顧客の獲得」「商品やブランドの比較検討」、又は「目標を設定せずキャンペーンを作成する」である場合にキャンペーンタイプの選択として表示されます。

2.広告の配信
上記のキャンペーンの設定を行い、クリエイティブをアップロードします。

設定したキャンペーンの広告はYouTube、ディスプレイ、検索、ファインド、Gmail、マップなどの広告枠に自動的に配信されます。

最後に

長期的に見ればGoogle広告の効果を向上させる機能であることに違いはありません。

将来での本格的な運用を見越して、試してみることをおすすめします。

Topics: google広告, リスティング広告, Mediaplan, PMAX

Related Posts

ManoByte

ユニバーサルアナリティクスとGoogle Analytics4の特徴と違い Part1

Googleが無償で提供しているアクセス解析ツール『Googleアナリティクス』をすでに活用されていますでしょうか。

Read More
ManoByte

事業パフォーマンスを一元管理「Tapclicks」の紹介

従来のレポーティングシステムやデータ管理システムでは、広告の効果は管理できても、その他の購買データなどと紐づかれていないので事業のパフォーマンスを評価できないと思ったことはありませんか?

Read More