Feb 7, 2022 3:00:00 PM | 2 Min Read

動的検索広告とは?導入メリットと事例をご紹介

Posted By
DDIR編集部
Share
動的検索広告とは?導入メリットと事例をご紹介

リスティング広告における動的検索広告を導入されていますか?
膨大な量の商品ページを扱っている場合や、日々更新されるページを管理して広告配信している場合は広告の管理や運用だけでも大きな工数がかかってしまいます。

今回はそんな悩みを抱える広告主にとってメリットが多い、動的検索広告についてご紹介します。

 【目次】
 動的検索広告とは?
 通常の検索広告との違い
 サイトや商材による相性
 配信事例
 まとめ

動的検索広告とは?

Google 動的検索広告(Yahoo! 動的検索連動広告)は、webページの情報を基に広告を動的に生成し配信することができる機能です。

webサイト内にコラムや記事コンテンツを持つ場合や、膨大な商品を保有するECサイトでは動的検索広告を活用することで、広告の配信準備・運用工数を削減し成果改善や配信ボリュームの拡大に繋げることが可能です。

通常の検索広告との違い

動的検索広告では、通常の検索広告と異なり以下の3つの作業が不要となります。

  • キーワードの設定
    動的検索広告のターゲットとして登録したドメイン配下を媒体がクローリングし、ページ内の情報を解析します。
    解析したデータを基に、ユーザーの検索語句と関連性の高いページを広告として動的に表示するため、運用者がキーワードを登録する必要はありません。
    また、動的検索広告の検索クエリをチェックすることで、運用者が発掘できていなかった新キーワードの発見にも繋がることがあります。

  • 広告文(見出し)の作成
    動的検索広告の広告文における見出しは、webページ内の情報から動的に生成するため、運用者は説明文を作成するだけで広告を配信できます。
    ですがどのページを基に広告が表示されてもいいように、説明文は汎用的な文言にしておく必要があるので注意しましょう。

  • URLの設定
    媒体が自動的にページを出し分けるため、最終ページURLと表示URLを設定する必要がありません。
    ※トラッキングパラメータの設定は可能

サイトや商材による相性

実際に動的検索広告の導入に向いているサイト・商材をご紹介します。

■向いているサイト

  • コラムや記事ページを保有するサイト
    動的検索広告を導入することで、何十ページもあるコラムや記事ページをそれぞれ最終ページURLとして設定した広告を、1つ1つ作成する必要がなくなります。
    また、新規にページを作成した場合も媒体にクローリングされることで自動的に広告の配信対象に追加されるため、運用工数も削減できます。

  • ECサイト
    型番やサイズが豊富にあるECサイトの場合でも、動的検索広告は効果を発揮します。
    特定の型番やサイズで検索したユーザーに対して、最適な見出しを生成して広告を表示、特定の商品ページへの遷移させることができます。

pixta_64690897_M

■向いていないサイト

  • 単一LPの商材
    化粧品やサプリメントなどで多い、単一LP商材の場合は動的検索広告は充分に効果を発揮しません。
    (配信自体はできるものの、通常の検索広告の方が効果的)
    動的検索広告は複数の商品ページやコラム、読み物コンテンツを持つようなサイトなどでより効果を発揮します。

配信事例

ここで気になるのは
実際に動的検索広告を配信した場合に通常の検索広告と比べてパフォーマンスはどうなのか かと思います。

実際に弊社で扱っている広告アカウントにおける違いをご紹介します。

図1

動的検索広告のクリック単価は通常の検索広告の15%ほどと低単価で配信できています。
コンバージョン率は通常の検索広告に劣るものの、低単価でのコンバージョン獲得に繋げることができています。

まとめ

動的検索広告は運用工数を削減し、配信ボリュームの拡大や獲得効率の改善を図ることができる機能です。

コンテンツの多いサイトを持っている場合や、膨大な商品を保有するECサイトの場合は導入のご検討をお勧めします。

  お問い合わせはこちら  

 

Topics: yahoo!広告, google広告, リスティング広告, Mediaplan, Topics

Related Posts

ManoByte

【2021年最新版】Yahoo!広告の始め方を解説

日本ではYahoo!に次いでの規模を持つYahoo!広告。今回はYahoo!で広告を出すためのやり方を紹介していきます。

Read More
ManoByte

リターゲティングツールとして便利なCriteoとは?

デジタルマーケティング担当者様ならCriteo(クリテオ)をご存じの方も多いでしょう。代理店から営業が来るなどして知ったり、実際に導入している企業も少なくないと思います。

Read More
ManoByte

Google広告とYahoo!広告の違いとは?

みなさんは何かを知りたい時どうしますか?...

Read More