Dec 22, 2021 10:19:47 AM | 2 Min Read

ディスプレイ広告とリスティング広告の違い、それぞれのメリット・デメリット

Posted By
DDIR編集部
Share
ディスプレイ広告とリスティング広告の違い、それぞれのメリット・デメリット

GoogleやYahooに広告を出稿する時に迷うのが、広告の種類です。特にディスプレイ広告とリスティング広告はメジャーですが、「何が違うの?」と聞かれて、答えられない方も多いのではないでしょうか?

今回は、ディスプレイ広告とリスティング広告のメリットデメリット、そして両者の違いについて紹介していきたいと思います。

【目次】
ディスプレイ広告とリスティング広告とは?
ディスプレイ広告のメリット・デメリット
ディスプレイ広告のメリット
ディスプレイ広告のデメリット
リスティング広告のメリット・デメリット
リスティング広告のメリット
リスティング広告のデメリット
終わりに

 

ディスプレイ広告とリスティング広告とは?

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリ上の広告枠にに表示される広告のことです。広告には出稿先にもよりますが、画像や動画、テキストなど様々な素材を使うことができます。

ディスプレイ広告はバナーに表示されることも多く、「バナー広告」と呼ばれることもあります。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahooといった検索エンジンの検索結果上部に表示される広告のことです。

ユーザーが検索したキーワードに連動して、表示されるテキスト広告で、検索連動型広告とも呼ばれることもあります。

ディスプレイ広告のメリット・デメリット

ディスプレイ広告について、なんとなくイメージ出来たでしょうか?

では、ディスプレイ広告を実際に使う際に考慮すべきメリット・デメリットについて紹介していきます。

ディスプレイ広告のメリット

1.広告に使用できる素材が豊富
ディスプレイ広告はテキストだけでなく、画像や動画まで広告に使用することができます。

画像や動画はユーザーに対する訴求力がテキストに比べて高く、より高い広告効果を発揮することができます。

2.商品認知を高めることができる
ディスプレイ広告は潜在層にリーチして商品の認知度を高めることができます。リスティング広告と違い、ディスプレイ広告は多くの人に広告を表示し、画像などを使用することによって商品の魅力を具体的に伝えることができます。

3.リーマーケティング(リターゲティング)が可能
ディスプレイ広告には、GDNではリマーケティング、YDNではリターゲティングと呼ばれる機能があり、これは一度WEBサイトを訪れたもののコンバージョンへ至らなかったユーザーに対して、再度広告を表示する機能です。この機能によって、一度興味を持った人に対してもう一度広告を表示することで、購入や申し込みにつなげられる便利な機能です。

4.クリック単価が安い
ディスプレイ広告はリスティング広告に比べて、クリック単価が安いです。クリックされた後に購買や申し込みのコンバージョン率によりますが、クリック単価が安い方が広告効果が高くなりやすいです。

ディスプレイ広告のデメリット

1.コンバージョン率が低い
ディスプレイ広告はリスティング広告に比べて、CVR(コンバージョン率)が低くなりがちです。これは潜在層にリーチするというディスプレイ広告の特徴によるものなので、コンバージョン単価を低くしたい場合には、リスティング広告を使用するようにしましょう。

ディスプレイ広告のクリック単価が安いというのは先ほど説明しましたが、コンバージョン率が低くなると、クリック単価が安くてもコンバージョン単価が高くなってしまうので注意しましょう。

2.成果要因が見えにくい
ディスプレイ広告はリスティング広告と異なり、テキストだけでなく画像や動画も広告の素材に使用することができます。それに加え、ターゲティングの方法も検索ワードではなく、ターゲットする属性も多岐にわたるため、どの要素が広告に効果を与えているのか分かりづらいです。

効果はわかりにくいだけでしっかりと分析すれば見えてくることですが、それには時間と費用の両方がかかってしまうので、スピード感のある運用には向かないでしょう。

リスティング広告のメリット・デメリット

では、ディスプレイ広告と比べてリスティング広告にはどのようなメリットデメリットがあるでしょうか?

リスティング広告のメリット

1.興味がある人に直接アプローチ出来る
リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれ、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示されるので、適切なキーワードを設定していれば興味関心が高いユーザーにアプローチすることができます。

2.コンバージョン率が高い
リスティング広告はユーザーが検索したキーワードに連動して広告が配信されるので、興味関心の高いユーザーに広告が表示されます。そのため、ディスプレイ広告と比べて、商品への購買や申し込みにつながりやすいです。

ディスプレイ広告と異なり、クリック単価は高いですがコンバージョン率が高いので、コンバージョン単価は低くなる傾向にあります。

3.すぐ始められて、効果検証も早い
リスティング広告はディスプレイ広告よりも簡単に始められます。それはディスプレイ広告は画像や動画なども素材として使え、ターゲットの種類も多岐にわたります。

その点、リスティング広告はキーワード、広告文、LP、広告予算を決めれば、審査さえ通ればすぐに広告を出稿できます。広告の要素が少ないため、すぐに広告を出稿することもでき、何が広告の効果に作用しているかを調べるのも比較的簡単です。

リスティング広告のデメリット

1.潜在層にアプローチできない
リスティング広告はユーザーが検索したキーワードに連動して表示されるので、特定のキーワードが検索されなければ広告は掲載されません。そのため、顕在層にアプローチするのに効果的ですが、潜在層にアプローチするのには向きません。

それに加え、広告が露出される数が少ないのでディスプレイ広告と比べて、商品認知を高めることにも向きません。

終わりに

ディスプレイ広告とリスティング広告のメリット・デメリットを紹介しました。

それぞれメリット・デメリットがはっきりしており、商品や出稿する広告によってどちらの種類を選ぶかによって広告の効果が全く違ってくるので、十分に吟味して選ぶようにしましょう。

Topics: webマーケティング, リスティング広告, ディスプレイ広告, Mediaplan

Related Posts

ManoByte

【2021年最新版】Google広告の始め方を徹底解説

2019年にはインターネット広告がテレビ広告の市場規模を上回り、年々インターネット広告の存在感が増しています。

Read More
ManoByte

【初心者向け】運用型広告とは? 他の広告との違いとメリット・デメリットを紹介

2019年にはインターネット広告がテレビ広告の市場規模を上回り、年々インターネット広告の存在感が増しています。

Read More
ManoByte

【基礎編】ディスプレイ広告とは?  リスティング広告の違いを解説

今回はデジタルマーケティングをやる方には必須のディスプレイ広告について紹介します。ディスプレイ広告はリスティング広告と混同されることが多いですが、広告のターゲットも効果も大きく異なります。

Read More