Dec 22, 2021 10:53:43 AM | 2 Min Read

広告アカウント診断で課題を解決

Posted By
DDIR編集部
Share
広告アカウント診断で課題を解決

インハウスや広告代理店に依頼してGoogle、Yahoo!の運用型広告を配信されている場合に、以下のようなお悩みを抱えていませんか?

・インハウスの運用に自信が無い
・成果が改善していないが課題がわからない
・現状の広告配信に対して第3者のアドバイスが欲しい

上記のようなお悩みをお持ちの方、電通ダイレクトのアカウント診断で課題を解決しませんか?

     画像3

広告アカウント診断とは

電通ダイレクト独自の広告アカウント診断では、5つの観点から広告アカウントの課題を抽出します。広告主様のアカウントに対してアカウント診断を実施し、課題抽出から改善案のご提案までを行います。
※対象はGoogle、Yahoo!のリスティング広告、Display広告の4種類

アカウント診断が成果改善に繋がる理由
広告アカウントの構造・設定を最新の媒体推奨にすることで、媒体の機械学習が促されるだけでなく、キャンペーン同士のカニバリズム防止や、インプレッション機会が増加し、獲得単価・獲得件数の改善に繋がります。

電通ダイレクトのアカウント診断はここが凄い

          画像3

電通ダイレクト独自のアカウント診断では、以下の5つの観点から広告アカウントを診断しスコアを可視化します。

・アカウント構造
・クリエーティブ
・ターゲット
・媒体機能
・ランディングページ

どの項目に課題があるのかが明確になるため、スピーディーに改善アクションに繋げることが可能です。

また、実際にアカウント診断を活用し広告パフォーマンスの改善に成功した事例をご紹介します。

     図2

上記事例ではアカウント診断に沿って以下の施策を実施しました。

・アカウント構造の見直し(キャンペーン統合)
・クリエーティブ追加
・媒体機能の活用(自動入札の導入、RLSA導入など)
・KWマッチタイプ見直し

その結果、インプレッション数の増加・コンバージョン率の改善により獲得件数の増加に成功した事例です。アカウント診断に沿ってアカウント構造・設定を見直すだけでも獲得単価の改善に繋がります!

まとめ

電通ダイレクト独自の広告アカウント診断についてご紹介しました。現状の広告配信に自信がない、成果が上がらないけど課題が分からない、といったお悩みがありましたらご相談ください!アカウント診断により改善点を抽出し、改善案をご提案します!

アカウント診断のご依頼はこちらからお願いします。

 

Topics: yahoo!広告, google広告, 運用型広告, リスティング広告, ディスプレイ広告, Mediaplan, 広告, アカウント診断

Related Posts

ManoByte

初めてのTwitter広告出稿のやり方

TwitterはLINEに次いで、日本での利用者数NO.2のSNSです。

Read More
ManoByte

すぐに始められる!? LINE公式アカウントとは

LINEは多くの人が利用されているメッセンジャーアプリで、様々なサービスを展開しており、日本に住んでいる人の生活に深く根付いています。

Read More
ManoByte

LTV向上に最適なLINEステップ配信とは

LINEでは公式アカウントを使ってユーザーとコミュニケーションをとることができ、ユーザーに対してセールや新商品の情報を届けるなどして活用しています。

Read More