Feb 15, 2022 2:30:00 PM | 1 Min Read

今さら聞けないオフラインメディア「ラジオ」

Posted By
DDIR編集部
Share
今さら聞けないオフラインメディア「ラジオ」

ラジオは無線放送を用いたオフラインメディアで、一度に多くの人に届けられるのでマスメディアとしても知られています。

ラジオCMは番組の合間に挟まるので、テレビCMと似たような特徴を持ちますが、ラジオCMにしかない特徴もあります。

この記事では、ラジオ広告の概要、そしてラジオ広告にしかない特徴などについて紹介したいと思います。


概要


ラジオは無線放送を用いたマスメディアで、音声を通じて多くの人に情報を届けます。

最近ではスマートフォンでラジオ放送を聞くことができるアプリが登場するなど、ネット全盛期でもラジオは一定の存在感があります。

ラジオ広告は放送中に配信されるので、基本的にテレビCMと似たようなものと思っていただいても構いません。ラジオは番組ごとに根強いファンがいることが多く、ターゲット層とリスナー層が一致しているか見極める必要があります。

ラジオは地域ごとに異なるラジオ局が放送しているので地域性が高く、地元のニッチなニュースなどを取り上げることも多いので、マスメディアでありますが地元向けのCMを配信できる存在でもあります。


特徴


コストが安い


ラジオCMはテレビCMと比べて制作コストが低く、1/5~1/10に抑えることができます。

ラジオCMはマスメディアの1つなので、多くの人に届けられることから情報認知を進めることができ、テレビCMと比べるとコストパフォーマンスに優れています。


地域性が高い


ラジオは局によって地域が分かれており、地域ごとに異なるラジオが放送されているので地域性が高いです。

ラジオ放送は地元の情報なども届けるのでそれと関連したラジオCMも多く、地域密着型の業種でも利用しやすいマスメディアと言えるでしょう。


ターゲティングがしやすい


ラジオ放送は番組ごとに特色があり、番組ごとに属性の異なるリスナーが存在しています。

そのため、番組ごとに視聴者層が大きく異なるので、ラジオCMを行う際にはターゲット層とリスナー層が一致しているか見極める必要があります。

裏を返せば、一致しているとラジオCMは高い効果を発揮するので、番組ごとの特性を理解してラジオCMを行いましょう。


音声でしか伝えられない


ラジオCMはテレビと異なり映像を配信できないので、音声のみでCMを構成する必要があります。

音声のみなので映像を用いた場合と比べて訴求力は落ちてしまいます。しかし、音声のみなのでCMの制作コストは低く、CMのコストパフォーマンスを高めることも可能です。


主なターゲット・商材


ラジオ放送は番組ごとにリスナーが大きく違うので、ターゲット層とリスナー層が一致しているか見極める必要があります。

ラジオ放送は地元の情報なども届けるのでそれと関連したラジオCMも多く、地域密着型の業種でも利用しやすいマスメディアなので、特定地域の認知を高めたいときにうってつけのマスメディアと言えるでしょう。

制作コストも低いので比較的少額から始めやすいこともあり、地域での認知を高めたい場合やテレビCMだとコストと見合わない方などにおすすめです。


おわりに


いかがでしょうか?

ラジオCMはインターネット広告やテレビCMとは異なる特徴を多く持ち、地域性という面ではとても便利なマスメディアです。

多くの層にリーチすることができ、商材も幅広く対応できるので、検討する際には参考にしていただければ幸いです。

Topics: Mediaplan, Topics, ラジオ広告, ラジオ, オフライン広告

Related Posts

ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「雑誌」

雑誌はそれぞれがとても個性的で、雑誌ごとに購読層は大きく異なります。雑誌ごとに根強いファンがいることも多く、購読率も高くなります。...

Read More
ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「新聞」

ネットが台頭している現在でも、信頼できる情報源として人気のある新聞。

Read More