Feb 15, 2022 1:30:00 PM | 1 Min Read

今さら聞けないオフラインメディア「折込チラシ」

Posted By
DDIR編集部
Share
今さら聞けないオフラインメディア「折込チラシ」

スーパーの特売やオープン記念などの特定の地域だけにリーチすることができる「折込チラシ」。

折込チラシは非常に歴史のある広告手法ですが、折込チラシの限られた地域へのターゲティングはまだまだ現役です。

この記事では、折込チラシの特徴、折込チラシに適している商材などを中心に折込チラシについて解説していきたいと思います。

 

概要

折込チラシとは、新聞に折り込まれるチラシ型の広告を指し、地域・日時などを自由に設定してリーチすることができます。

地域は指定して広告を出稿できるため、オープン記念の告知チラシやスーパーのセール告知のチラシなど地域に根差したイベントなどの広告が多く見受けられます。

インターネット広告が普及した現代でも、地域に根差した情報を届ける折込チラシはまだまだ効果的で、予算に応じて柔軟に対応できるのもメリットの一つです。

 

特徴

 

地域の方に向けて発信できる

折込チラシは、特定の地域に対して効果的に広告を届けることができます。

地域に密着した折込チラシならではの特徴で、どうしてもエリアが広くなってしまうテレビや新聞と異なり、届けたい地域にピンポイントで広告を届けることができます。

 

早く効果が期待できる

折込チラシは新聞に同封されるという特性上、その日のうちに読まれることが多く、即効性を期待できます。

スーパーの特売やイベントの情報などを告知することにより、消費行動に直結しやすく、折込日を少なくすることもできるので、コストパフォーマンスを高めることにもつながります。

スーパーの特売やイベントの情報などの即効性を必要とするタイミングでは、高い集客力を期待できます。

 

主婦層・ファミリー層・高齢者層へのリーチ率が高い

折込チラシは、主婦層・ファミリー層・高齢者層へのリーチ率が高く、ターゲット層とマッチしている場合には高い効果を期待することができます。特に地域性のある店舗やイベント情報などには効果を発揮します。

折込チラシは信頼性も高く、新聞に同封されていることもあり、確実に購読者にリーチできるのもメリットの一つです。

 

予算に応じて地域・部数が選べる

折込チラシは、予算に応じて折込地域・部数を柔軟に選ぶことができます。

新聞やテレビと異なり、小規模な予算からも始めることができ、テスト的な広告を行うこともできます。また、地域・部数も細かく区切ることができるので、データを生かした広告運用を行うことも可能です。

 

主なターゲット・商材

折込チラシの主なターゲットは、主婦層・ファミリー層・高齢者層です。

これらの層は地域性が高く、ネットの情報よりも信頼性の高い折込チラシとの相性が非常にいいです。日々の生活での行動範囲が決まっていることが多く、地域に根差した広告を配信することで効果を期待することができます。

特売セールやクーポン、NEWオープンなど特定の地域からの集客を目的として広告を折込むことで、高い効果を発揮します。ホームセンターやスーパーなどの日常的に訪れる業種、または居酒屋や整体などの地域密着型の業種などに折込チラシは適しています。

おわりに

折込チラシは地域に根差した媒体です。

特定地域の集客などに効果的で、日常性の高いもの、地域性の高いものに特に適しています。検討する際には参考にしていただければ幸いです。

Topics: Mediaplan, Topics, オフライン広告, 折込チラシ

Related Posts

ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「フリーペーパー」

無料で配布されているフリーペーパーは手軽なので手に取る人も多く、ターゲットやエリアを絞って作られていることが多いです。

Read More
ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「ラジオ」

ラジオは無線放送を用いたオフラインメディアで、一度に多くの人に届けられるのでマスメディアとしても知られています。...

Read More
ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「新聞」

ネットが台頭している現在でも、信頼できる情報源として人気のある新聞。

Read More