Feb 15, 2022 3:30:00 PM | 1 Min Read

今さら聞けないオフラインメディア「雑誌」

Posted By
DDIR編集部
Share
今さら聞けないオフラインメディア「雑誌」

雑誌はそれぞれがとても個性的で、雑誌ごとに購読層は大きく異なります。雑誌ごとに根強いファンがいることも多く、購読率も高くなります。

雑誌ごとに専門性の異なる情報を届けているので、雑誌広告もそれに準じて選ぶ必要性があります。

この記事では、雑誌広告の概要、そして雑誌広告の特徴を主に解説していきたいと思います。


概要


雑誌広告は、刊行されている雑誌に広告や記事を掲載する広告手法です。主に雑誌の一部にロゴや店舗情報などを掲載する形と取材などを行っていただき、記事形式で雑誌に掲載する形に分かれます。

雑誌は読者を既に獲得しており、購読層も雑誌の特色に合わせて明確です。そのため、どの雑誌に広告を掲載するかによって効果が大きく異なるので、注意しましょう。


特徴


ターゲットが明確


雑誌はそれぞれが専門性の高い情報を届けていることが多く、購読層も明確です。

そのため、広告と相性のいい雑誌を選ぶことで商品認知を進めることもできますし、ブランディングを行うこともできます。

専門誌に掲載されているというだけで、その界隈では一定の信頼がおかれることもあるので、ターゲット層を明確にし、それに適した雑誌を選ぶようにしましょう。


読者に信頼されている


雑誌は専門性の高い情報を届けていることが多いので、読者から一定の信頼がおかれています。

そのため、雑誌に掲載されている広告にも一定の信頼が担保されており、インターネット広告よりも雑誌に掲載されている広告のほうがじっくりと見ていただけることが多いでしょう。


ストーリー性のある広告も可能


雑誌広告は広告面に広告を掲載するだけでなく、記事形式の広告を掲載することも可能です。

そのため、広告だからと流されることなく、読者に対する訴求力も高くすることができます。記事形式の広告は情報量も多く、ストーリー性のある記事にすることも可能です。


主なターゲット・商材


雑誌広告のターゲットと商材は、雑誌ごとに大きく異なります。

例えば、カメラの専門誌の場合にはカメラ製品や写真映えしそうな旅行地の広告が適していますし、女性ファッション誌ではコスメや健康食品・サプリなどが適しています。

雑誌はそれぞれ購買層が異なり、ターゲットが明確なので、ターゲット層を設定し、それに適した雑誌を選ぶようにしましょう。


おわりに


雑誌は根強いファンがいることが多く、広告と雑誌がマッチしていれば広告効果を期待することができます。

TVや新聞等にまでは及ばずとも、各雑誌の持つ専門性に惹かれる読者層への認知を高めることはできるので、明確なターゲットがいる方におすすめの広告手法です。

検討する際には参考にしていただければ幸いです。

Topics: Mediaplan, Topics, オフライン, 雑誌広告, 雑誌

Related Posts

ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「交通(電車内)」

通勤・通学の際に電車を使う人は、日常的に電車内の広告を目にしていることでしょう。

Read More
ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「ラジオ」

ラジオは無線放送を用いたオフラインメディアで、一度に多くの人に届けられるのでマスメディアとしても知られています。...

Read More
ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「新聞」

ネットが台頭している現在でも、信頼できる情報源として人気のある新聞。

Read More