Feb 15, 2022 2:00:00 PM | 1 Min Read

今さら聞けないオフラインメディア「同梱・DM」

Posted By
DDIR編集部
Share
今さら聞けないオフラインメディア「同梱・DM」

皆さんは家のポストにチラシや化粧品などの試供品が届いた経験はありますでしょうか?

通販やECサイトなどで注文された商品が消費者へ届けられるときに商品と一緒にチラシ・サンプル等を梱包して送られるものを、同梱、そして住所などのリストを基に届けられるチラシをDMと呼びます。

この記事では、同梱・DMがどのようなものか、そして他媒体と比べてどのような特徴があるのかを紹介していきたいと思います。

 

概要

同梱・DMとは、通販サイトなどのサービスを利用した際の情報を基に届けられたチラシや試供品などを指します。

同梱・DMは、自社でリストを持っていなくとも、他社のリストを利用して届けることが可能なので、新規顧客を獲得する手段として有効です。

通販業者では同梱DMを取り扱っているケースも多くあり、専門業者もいるため同梱・DMの作業を業者に丸ごと委託することも可能です。

 

特徴

 

自社のリストにないユーザーにリーチできる

同梱・DMは他社のリストを利用するので、自社のリストにないユーザーにリーチすることができます。

新規顧客を獲得する手段としても有効で、場合によってはインターネット広告を利用するよりも費用を抑えて新規顧客を獲得することもできます。

 

ターゲット層にリーチできる

同梱・DMでは、リストの属性(年齢・性別・職業など)から絞り込んで広告を出稿することができます。

例えば、化粧品の通販に対して同梱を行う場合には、健康に関しても興味や関心が高いことが多く、健康食品・サプリなどを同梱することで高い効果を期待できます。

ターゲット層とリーチ層を一致させることでより高い効果を期待できるので、同梱・DMを行う際にはターゲット層にリーチするように心がけましょう。

 

作業の手間を省ける

同梱・DMは、専門業者に作業を委託することで余計な手間を省くことができます。

通販業者では同梱DMを取り扱っているケースも多くあり、専門業者もいるため同梱・DMの作業を業者に丸ごと委託することも可能です。

そのため、作業の時間を短縮することができるので、時間がない方にもおすすめです。

 

主なターゲット・商材

同梱・DMは他社のリストに利用するため、非常に多くの層にリーチすることができます。

商材に関しても、ターゲット層とリーチ層を一致させることさえできれば、幅広く対応することができるので、多くの方におすすめの手法となっています。

しかし、同梱・DMには審査基準があるのでどのような商材でも必ず出稿できるわけではありません。また、同梱する商品がバッティングしてしまう場合にも出稿を断られるケースがあります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

同梱・DMは、自社でリストを持っていなくとも、他社のリストを利用して届けることが可能なので、新規顧客を獲得する手段として非常に有効です。

多くの層にリーチすることができ、商材も幅広く対応できるので、検討する際には参考にしていただければ幸いです。

Topics: Mediaplan, Topics, 同梱物, オフライン広告, DM, ダイレクトメール

Related Posts

ManoByte

リターゲティングツールとして便利なCriteoとは?

デジタルマーケティング担当者様ならCriteo(クリテオ)をご存じの方も多いでしょう。代理店から営業が来るなどして知ったり、実際に導入している企業も少なくないと思います。

Read More
ManoByte

近年再注目されているメールマーケティングとは?

デジタルマーケティングには多くの種類があり、その中でもメールマーケーティングは低コストで始めることができ、高いROIが期待することができます。

Read More
ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「新聞」

ネットが台頭している現在でも、信頼できる情報源として人気のある新聞。

Read More