Feb 15, 2022 3:00:00 PM | 1 Min Read

今さら聞けないオフラインメディア「交通(電車内)」

Posted By
DDIR編集部
Share
今さら聞けないオフラインメディア「交通(電車内)」

通勤・通学の際に電車を使う人は、日常的に電車内の広告を目にしていることでしょう。

電車広告は電車利用の多い東京など都市部に効果的な広告手法で、移動中の人物に自然とリーチすることができます。

この記事では、電車広告の特徴やどのようなターゲットに有効かなどを解説していきたいと思います。

 

概要

電車広告は交通機関に広告を掲載する交通広告の一つで、その中でも最も効果が高いといわれています。

都市部では電車を日常的に使う人が多く、商品認知やブランディングなどに大きな効果を発揮します。

電車広告には中づり広告やデジタルサイネージ、ドア横ポスターなど様々な種類があり、路線なども数多くあるので選択幅は広いです。

 

特徴

 

認知度向上が見込める

電車は日常的に使用され、電車広告はそのたびに目にするので認知度向上に効果的です。

電車は多くの人に利用されることもあり、路線などを考慮すればマスメディアに匹敵するほどの認知度向上を見込むことができます。

 

新規顧客獲得に効果的

電車広告は、多くの人にリーチできるので新規顧客を獲得する手段としても有効です。

電車は日常的に使用され、路線を選ぶことができるので、ターゲットに合わせた訴求を行うことが可能です。

 

エリアを選択できる

電車広告は主に路線ごとに広告を掲載するので、エリアセグメントを行うことができます。

例えば、ある路線上に多く出店されている業種の場合に、その路線に広告を掲載することで路線上での認知度向上が見込め、広告の効果を期待することができます。

路線によってビジネス街が中心だったり、住宅地だったりするので、セグメント分けが行うことができます。

 

主なターゲット・商材

電車は利用者が多く、必然的に電車広告を目にする機会が多いです。そのため、商品認知を高めるために利用されることが多く、ブランディングにも機能します。

路線によってビジネス街や住宅地などのセグメント分けが可能なので、地域に根差した業種でも電車広告での効果を期待することができます。

しかし多くの人にリーチできるということは、ニッチな商品ではターゲット以外の人にまでリーチしてしまうことになるため、おすすめできません。ブランディングや商品認知が目的なら問題ありませんが、その場合でも効果が低くなってしまうことは留意しておきましょう。

 

おわりに

いかがでしょうか?

電車広告は利用者が大きく、日常的に使用されるものなので、他の媒体に比べて強いリーチ力を備えています。ブランディングや商品認知に特に効果的で、エリアを限定することも可能です。

 

検討する際には参考にしていただければ幸いです。

Topics: Mediaplan, Topics, オフライン, 電車広告, 中づり広告, 交通広告

Related Posts

ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「テレビ(地上波)」

昨今ではテレビ離れが叫ばれていますが、それでも地上波テレビの影響力は大きく、無視できるものではありません。

Read More
ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「雑誌」

雑誌はそれぞれがとても個性的で、雑誌ごとに購読層は大きく異なります。雑誌ごとに根強いファンがいることも多く、購読率も高くなります。...

Read More
ManoByte

今さら聞けないオフラインメディア「ラジオ」

ラジオは無線放送を用いたオフラインメディアで、一度に多くの人に届けられるのでマスメディアとしても知られています。...

Read More