Dec 22, 2021 10:46:27 AM | 2 Min Read

ECモールとECサイトの違いとは?

Posted By
DDIR編集部
Share
ECモールとECサイトの違いとは?

「ネット販売を始めたい!」と思ったときに、ECサイトを自社で立ち上げるか、ECモールに出店するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

ECサイトとECモールはネット販売できるという点は一緒ですが、それぞれメリットデメリットがあるので、自社に合った選択をする必要があります。

この記事では、ECモールとECサイトの違い、そしてそれぞれの特徴を紹介し、ネットショップの運営をする際の手助けとなる情報を発信していきたいと思います。

 【目次】
      ECサイトとは
      ECモールとは
      ECサイトとECモールの違

 

ECサイトとは

ECサイトとは、独自ドメインを入手し、自社で商品を販売するサイトページのことを指します。

ECサイトは決済・カート機能を搭載する必要があり、昔は自社ECサイトを構築するのにかなりのコストがかかりましたが、最近ではECサイト構築サービスが増えてきたのでそこまでコストをかけることなく作成可能です。

ECサイトのメリット
先述しましたが、昔はECサイトに開設には非常にコストがかかりましたが、今では様々なサービスを利用することにより、比較的安価に作成できるようになりました。

ECサイトは、自社でサイトのデザインを自由に弄ることができるので、ブランディングなどにとても効果的です。

それに加え、会員情報やサイト内の回遊などの情報が蓄積されていき、リピート率の向上やメールマーケティングなどを狙うこともできます。分析や直帰率、マーケティングなどその後の展開を考えると、ECサイトはECモールに比べてメリットが大きいです。

また、ECサイトは基本的に自社の商品しか置かれないため、他商品との価格競争に陥る心配がありません。価格競争にさらされると、利益の低下やマーケティング費用によって利益率が下がってしまいますが、ECサイトではそのリスクは少ないです。

ECサイトのデメリット
ECサイトのデメリットとして一番に挙げられるのは、集客が難しい点です。

自社ECサイトでは広告やSNSを活用しないと集客が難しく、とくに初期顧客を集めるのに苦労するでしょう。ECサイトは短期的に損しやすく、どうしても長期的な運用が必要になっていきます。

また、ECサイトの運営・開設にはコストがかかってしまいます。昔に比べればコストが下がりましたが、運営にはサーバー代やECサイト作成サービスなどはかかってしまい、開設する際にはデザインや宣材写真などのクリエイティブ費がかかってしまいがちです。サイトの運営にはプログラマーが必要な場合もあり、ECモールに比べるとどうしても追加で費用がかかってしまがちなのは事実です。

ECモールとは

ECモールとは、複数のショップが集まり、一つの大きなショップになっているECサイトのことを指します。

有名なAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどもECモールで、ECモールは出店するだけである程度の集客効果が期待でき、自社でサイト構築する必要もないのでコストもかかりにくく、サービスの信頼度も高いです。

ECモールのメリット
ECモールはモール自体にユーザーがいるため、初期であっても集客することができます。ECサイトと比べて、モール自体のユーザーが流入してくれるので、ユーザー数の悩みを抱えることが少ないです。

またECモールでは、余計なコストがかかる心配がありません。ECモールではサービスが充実していることが多く、プログラマーが必要な作業が行われることも少ないです。デザインなどもテンプレートがあり、EC初心者におすすめです。

加えて、ECモールはECサイトと違い、サービスの運営者によるサポートが充実しています。ECサイトでトラブルが起こると自力で解決しなければいけませんが、ECモールの場合にはサポートが充実しているので安心です。

ECモールのデメリット
ECモールのデメリットは、自由度の低さと競合の存在です。

ECモールでは顧客情報やサイト内行動などはECモール側が独占し、サイトなどのデザインも自由度が少なく固定化されていることが多いため、ブランディングやマーケティングなどが行いにくいです。
それに加え、同じECモール内で類似商品の値下げ合戦が行われやすく、利益率が低下してしまいことも少なくありません。ECモールは顧客の獲得コストが低い一方で、自由度の低くなったり、競合によって価格競争が起こりやすいので注意しましょう。

ECサイトとECモールの違い

ECサイトとECモールの一番の違いは、集客の難しさです。

ECサイトは独自ドメインを使用し、初期段階ではユーザーがいない状態なので、集客の難易度が高く、SEOの対策をしつつ広告を活用していく必要があります。それに対して、ECモールはモール自体にユーザーがいるので集客に苦労することはあまりありません。

しかし、ECモールは顧客情報などが蓄積されず、デザイン面の自由度も低いため、長期的な視点で見ればECサイトに軍配が上がります。初期段階のユーザーを獲得する手段さえあればECサイトを選んだほうがいいでしょう。

もちろん、リスクヘッジとしてECサイトとECモールを同時に運営するという手段もあり、コストはかかりますが、ECモールで集客してECサイトに送客するという方法も取ることができるので、検討してみて自社に合った戦略を選んでください。

Topics: マーケティング, 通販, EC, e-commerce

Related Posts

ManoByte

Googleアナリティクスのメニューとは?

今回はGoogleアナリティクスのメニューについて解説していきます。

Read More
ManoByte

Shopifyって何!?自社ECサイト構築のススメ

「モールには出品してるけど、自社ECってどうなの?」「Shopifyって最近やたらと名前を聞くんだけど、詳しく教えてよ」

Read More