Dec 22, 2021 10:56:51 AM | 2 Min Read

クリエーティブのデータ運用「C-MAKER」のご紹介

Posted By
DDIR編集部
Share
クリエーティブのデータ運用「C-MAKER」のご紹介

デジタルマーケティングの重要度は年々上がっていき、今や企業にとって欠かせない存在です。

広告の主戦場はTVや新聞といったメディアからWebに移り、Webでのデジタルマーケティングの競争はさらに激しくなるでしょう。

      画像5

デジタルマーケティングで重要視されるのはコストパフォーマンスですが、競争が激化するにつれコストパフォーマンスが低下してしまうことは避けられません。加えて、cookie規制によってターゲティングが機能しなくなってしまうこともあり、従来通りのデジタルマーケティングでは今までの成果を出すことは難しいです。

従来のマーケティングではどのようなユーザーに届けるかというターゲティングと、どの媒体にどのくらいの予算をかけるかという予算アロケーションの改善に注力していました。しかし、これからのデジタルマーケティングではcookie規制により効果が薄くなるターゲティングでも、競争が激しくなって広告単価も上がりがちな予算アロケーションでもなく、今まで軽視されがちだったクリエーティブが非常に重要になっていきます。

クリエーティブの問題点

デジタルマーケティングではデータを基に運用するのが一般的ですが、配信されるクリエーティブは文字のフォント・配置・素材の属性など要素が多く、表現を少しずつ変えながら要素分解して解析しなければいけません。そのため、クリエーティブを分析するのはコストがかかり、データに基づいたクリエーティブの開発はなかなか容易ではありません。

しかし、クリエーティブのわずかな違いで、ユーザに与える印象は全く異なり、クリエーティブの色々なパターンを作成することでCVRが大きく変わります。クリエーティブのデータ分析は効果が大きく、ターゲティングなどの効果が薄くなるこれからのデジタルマーケティングでは差別化のために絶対に取り組むべきことです。

クリエーティブのABテストを容易にするC-MAKER

クリエーティブのデータ運用は取り組むべきですが、先述した通りクリエイティブを分析するのはコストがかかり、実際にデータ運用するのは難しいです。

そこで今回はクリエーティブのABテストを容易にするC-makerを紹介します。

クリエーティブのデータ分析は、

・制作コスト
 →100本作成すると、1本1000円でも10万円
・クリエーティブの作成スピード
 →100本の入稿には時間がかかる
・検証量
 →100本ごとに1万Imp=100万Imp必要
・統計的な分析
 →専門的でマルチコ(計算エラー)もチェックが必要

という問題があり、現在行われることが稀です。

C-MAKERでは、独自のクラウドサービスを提供しています。

     画像1

C-MAKERの一番の強みは、クリエーティブのパーツを細かく分類して、テストを行える点です。

      画像4

また、C-MAKERでは組み合わせを効率的に検証できる特許取得済みのシステムがあり、検証のパターンを大幅に少なくすることができます。そのためコストを抑えられ、1か月程度の運用でクリエーティブの分析を行うことが可能です。

      画像2

最後に

御社でクリエーティブのデータ運用に興味を持っていただけた場合には『C-MAKER』をご用命いただければ、広告運用を含めご提案することができます。

お気軽にお問い合わせください。

                    お問い合わせはこちら  

Topics: クリエーティブ, Creative, Topics, web広告

Related Posts

ManoByte

【2021年最新版】Google広告の始め方を徹底解説

2019年にはインターネット広告がテレビ広告の市場規模を上回り、年々インターネット広告の存在感が増しています。

Read More
ManoByte

リターゲティングツールとして便利なCriteoとは?

デジタルマーケティング担当者様ならCriteo(クリテオ)をご存じの方も多いでしょう。代理店から営業が来るなどして知ったり、実際に導入している企業も少なくないと思います。

Read More
ManoByte

【基礎編】ディスプレイ広告とは?  リスティング広告の違いを解説

今回はデジタルマーケティングをやる方には必須のディスプレイ広告について紹介します。ディスプレイ広告はリスティング広告と混同されることが多いですが、広告のターゲットも効果も大きく異なります。

Read More